ゲーセクLABO
銘柄
ランキング
ゲーム
ランキング
見通し
更新順
銘柄
五十音順
ゲーム
五十音順
アカツキ [東証一部:3932]
ドラゴンボールZ ドッカンバトル新テニスの王子様 Rising Beat(テニラビ)八月のシンデレラナイン(ハチナイ)サウザンドメモリーズ(千メモ)
売買判断 前日終値 目標株価 安定度
強く買い 3,300 4,500 C
時価総額456.75億円
売上115.47億円
営業利益47.51億円
予想利益108億円
予想PER4.23倍
配当利回り-
株主優待-
事業内容 ソーシャルゲームの企画・開発。海外40カ国以上でも展開。ゲーム以外の新領域参入に意欲
代表名塩田 元規
※データ:2017年03月期決算
公式サイトリンク IR情報リンク Yahoo株情報
企業説明
2010年創業のモバイルゲーム事業を中心に行なう企業です。2016年にマザーズへ上場。バンダイナムコとの協業で開発した「ドラゴンボールZドッカンバトル」が大ヒットして業績が急拡大し、し、2017年に東証一部へ市場変更しました。その後も「八月のシンデレラナイン」を始め、続々とヒット作を生み出しています。
見通し(2018年8月8日更新)
主力タイトルであるドラゴンボールZドッカンバトルは、リリースから3年たった現在でも国内外共にセールス好調でピークアウトはまだ先と見ます。ハチナイ、アイマスSideM、テニプリも着実にセールスを上げ、収益源の分散は進んでおり、開発中のワンピース新作アプリにも期待できます。ただ、2017年に11,000円を超えた株価がガチャの不正疑惑(後に無実が判明)で暴落したのをきっかけに下落を続け、4,000円を割り込む状態に。一方で業績は6年連続の最高益を更新中で、7年連続も充分期待できることから株価も近いうちに上昇すると思われます。